富士山登山の装備・登頂方法

  • 富士山を登山する際のノウハウ

    • 富士山は日本最高峰の山ですが、3千メートルを超す高山ですので夏山であっても平地とは全く違った気象条件となっていますので登山をする際のコツが幾つかあります。
      まず、富士山は独立峰という特殊性がある事から、厳しい環境の中で登山をしているという考えを常に持っていた方が良く、台風並みの突風が吹く事や晴れていたのに急に雷雨になる事もあり得るので、しっかりした装備をして富士山に登りましょう。

      登山の装備は夏の日中でも気温が10度を下回る事が普通なので、上半身は肌着・長袖シャツ(フリースも可)・撥水タイプの上着にし、下半身はスパッツを履いて動きやすいズボンを履くのが理想的です。

      目的別の富士登山情報に関する耳より情報を公開しています。

      ジーンズのような足が動きにくいタイプを履いてしまうと怪我をする恐れが高く、雨にも対応できないので履かないようにして下さい。

      夜間や早朝は更に冷え込みが予想されるので、冬用の手袋・帽子などを持参すると安心できます。



      富士山の登山は、長時間にわたる登頂になって汗を思った以上にかく事から、多くの水分を持参するのがおすすめであり、2リットルのミネラルウォーター・スポーツドリンク・ゼリー飲料を持って行くと脱水症状や低血糖にならずに済みます。



      食事に関しては山小屋の夕食や朝食以外は自分で準備する必要があるので、バナナ・野菜ジュース・おにぎり・パンといった準備に手間が掛からない軽食類にしておくと短時間で食べられてゴミを少なくできるメリットがあります。